theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

瞳孔がひらく

昨日、娘が至近距離で投げたウルトラマンが頭か足だかが目に刺さって、目が赤くなったので眼科に行ってきた。

 

私は過度の医者嫌いである(笑)

 

が、仕方なしに行ってきた。

 

やはり目の表面に傷がついていたらしく、瞳孔をひらいて目の奥もみるという。

 

瞳孔ひらく?

瞳孔がひらくという言葉は肉体の機能が停止しているであろう時にしか耳にしない言葉なので一瞬焦ったが、目薬を入れるだけであった。

 

その後、カメラのレンズが開きっぱなしみたいな状態なので光がたくさん入ってきて眩しいのと焦点が合わないらしい。

 

目薬をさした後20分後に確かに片目は明るく見え始めた。

 

検査は特に何もなかったが、明るくみえるのは面白いなと思った。

 

絵を描く上で大切なコトがひとつあって。

 

目の青い人とかは目の茶色い人よりも全てが明るくみえているらしいのである。

 

その辺りを理解すれば、また色というものがより理解できたのだが、なかなか頭でわかるのと実際にみるのとでは大違いで、この度少しそれを味わうコトが出来たのではないかな?っと思う。

 

っていうのはフランスで滞在していた先のホストは目の青いスイス人であったのだが、暗闇でもズンズンと進んでいくのである。

 

ぼくら目の茶色い人たちは見えないのである。

 

っていうのはぼくら目の茶色い人

たちは目の青い人たちに比べるとサングラスをかけている状態なのである。

 

ので、光に敏感なのである。

 

ヨーロッパに住んだ方はわかると思うが光が弱い。スペインまでいくと強くなるがだいたいの場所は光が弱い。だから優しいデリケートな色彩が生まれたのだとも思うが。

 

ので、ヨーロッパ人、目の色が青い方に向けた絵はややトーンを抑えなければみてくれないだろう。

 

食べ物と似てると思う。日本人は東南アジアの辛い料理を辛い!っと言って受けつけられない人がいるだろう。が、辛い中にも味があるのだ。

さらにいうと日本人の味覚は大体繊細なので世界的に見ると基本は薄味なのである。その薄い中にも層があり…

どこに合わせていくかで塩梅というものは変わっていく。

そのようなもので味の塩梅と色彩の塩梅は少し似ていると思う。

 

話は常に大幅にそれていくが(笑)

日本の白は貝の白

西洋の白は石の白である。

 

そのような白が心地よいと思う。

 

が、貝の白は青っぽくみえてそれが反射すると目が青い人たちには眩しく感じる。

 

ので石の黄色っぽい白を扱う方が親しみやすいだろう。

 

反射する色味ではなく吸収する色味というコトを意識して制作すれば良いと思う。

 

そのように感じれば、なぜヨーロッパ人の色彩がああなるのか?っというのかが理解できると思う。

 

シャガールが晩年に住んだサンポールドヴァンスはシャガールが1番光が美しくみえる場所

 

っと言って住んだ場所であるが、確かに美しい光であった。

あの辺りはホント幸せな場所だと思う。

だって見るもの全てが美しくみえる場所なのだから。