theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

ボブディランとあったんよ

桜の季節ですね。

f:id:thaze:20170412224614j:image

 

この季節は10年ほど前にボブディランらしき人と会った事を思い出します。

 

ボクはその頃京都の綾部で半自給自足のくらしをしていました。

 

使っていた楽器がギブソンのD45だったせいか妙にボブディランが気になり、ボブディランのCD買ったり、コード譜買ったり、あげくの果てにはボブディランモデルのハーモニカまで買ってしまいましたとさ。

 

その時畑を耕しながらボブディランを聴いていて

 

ライカローリングストーンが最高だな。

https://m.youtube.com/watch?v=_-5fDg-VUxQ

 

っと呟いた。

 

 

そしてその頃は姫路城の観桜会というこれまた夜桜を楽しみながら音楽を聴くという素敵なイベントに毎年出演させていただいていました。

https://m.youtube.com/watch?v=w4ENUU8qLXg

 

 

そして、演奏も終わり三味線を片づけていると1人の外国人のおじいちゃんが何やら喋りかけてきました

 

その傍らには身なりの良さげな女性が2人

 

 女性が

「彼はボブディランです。」とボクに紹介した。

 

え。?

 

ボブディラン?

 

え〜〜〜〜‼︎

 

とうとう本物を引き寄せてしまったのか‼︎ っとか思って騒ぎ出しそうになるのを見た瞬間に

 

女性の方が

「あ、違います。彼はボブディランじゃありません」といった。

 

そして  ボクは

なぜか、そりゃ、そうだろうなと思った(笑)

だって目の前の外国人は

 

おじいちゃんだもん!

 

オレの知ってるボブディランはこれだ

f:id:thaze:20170411214044j:image

 

って感じで

 

後後考えたらそれはおかしいやろ?っという感じなんだけど、多分高度な術がかけられていたのだと思います。

 

んで、ボクが納得したのを見計らって、その女性の方が

 

「彼がその楽器を触りたいと言っています。がよろしいですか?」っと通訳した。

 

ボクはもちろん

 

といいまず彼に楽器を持ってもらった。

 

 

あ、何か楽器似合う人だな。っと思って

(そりゃそうだろ!)

 

撥を貸したらペンペンぺンと弾いて楽器に馴れている人だな〜っと思った。

(そりゃ〜そうだろ‼︎)

 

そして興味深そうに三味線を眺めていたので素材はどうだこうだとか説明して、最後にバンジョーに似ているんだよ。

 

っといったところで腑に落ちていたっぽくて

 

相手のカメラで写真を一緒に撮り

 

バイバーイ  って感じでその時は終わりました。

 

 

後日、そういうコトがあったコトを友人に伝えると

 

そん時丁度日本に来ていて友達はライブに行っていたようで。それホんモンちゃうか?

っという話に。

 

んで、ボクは今の写真を調べると

 

f:id:thaze:20170413205525j:image

 

 

 

たしかに…

 

このおじいちゃんでしたよ…(笑)

 

 全くオーラもなくってね。

意外にデカかったんですよね〜

 

人間

 

人間って感じ 

 

 

 

その時期に作っていた曲が「君とランデブー」という曲で、出だしの歌詞が

 

ミネソタ州で生まれたボクはラクダの背に乗って走る。

 

という意味わからん歌詞でしたがボブもミネソタ州でした

 

君っていうのはボブのコトだったのかなぁ

 

 

そしてボブディランのマークはこれなんですよね

f:id:thaze:20170413205801j:image

 

イルミナティなんですね〜

 

たしかに昔、ストーンズと一緒のライブ動画見た時ミックがエライ気をつかっていたんですよ。

 

ノーベル賞もそれでしょうね。

 

ドンドン価値をつけていっているわけなんですね。