theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

直会

今日は直会というものを説明しましょう。

 

f:id:thaze:20170321223235j:image

 

直会とはナオライと読み、神社に於ける神事の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する行事(共飲共食儀礼)である。

Wikiより

 

っとあります。

 

今の時代は結構祭りの後の宴会的な意味合いの方が先走り気味なんですが

 

元々は

 

 神さまにお供えしていたものをいただき

 

それによって神の力をいただき、神と同一化する。っという行為なんです。

 

そして、同じものをみんなでいただいて団結力の強化をはかるという意味合いもあります。

 


お正月の鏡モチもそういうようなコトです。
あれは祖霊にささげて 終わったらみんなでいただき、一族の団結をはかるものです。

 

儀式の後にウヤウヤしくそのような行為をされたら、益々そういう意識になってしまいすよね。

 

それもある種の 呪をつける行為でもあります。

 

 

 

古代は食べるというコトにお腹を満たすとかいうコト以上に取り込んで力にするというコトが重要視されていました。

 

カリバニズム(人食)とかもそうですが

強い戦士の体を食べると自分も強くなるという。そういうような思想があったのです。

 

まぁ、実際に食べ物で体が作られているわけなのである意味その通りなんですが。

 

 食べる というコトにもっとこう現代以上に深い思想がありました。

 

 

天地自然からいただいた作物を神(霊)に捧げて息吹が宿ったものを食べて自分もそのようなモノになる。そして自分も天に召され体は土になり精神は霊になり子孫を見守る。

 

そういうような大循環があったのです。

そういうような目線でまたお祭りやらそのような一連の行事を見てみて下さいね♪

 

こういうテーマでアートも作ってみたいな っと思うておるんですが、なかなかまとまりませんね〜(笑)