theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

悪魔の起源

ボクは一時期鬼をモチーフとして作っていたので鬼というものを一応紐解きましたが、海外に行くとこれは悪魔か?っと言われるコトがあるんですね。 

 

ので

 

悪魔の正体は何か?っというコトを書いてみたいです。

まず、デビルdevil は、語源はラテン語ディアボロス Diabolosであり、 語源はギリシャディアボロ「告発人、中傷者」で、聖書のヘブライ語サタンsatanの翻訳に 使われた。

 

ヘブライ語のサタン(サーターン שָּׂטָן)は「敵対者」「妨げる者」「誹謗する者」「訴える者」を意味する。ヘブライ聖書では「敵」などを意味する普通名詞として何度もあらわれる。

 

上記の二つは障害って感じですね。

ちなみに角や翼は元々ありません。

 

面白いな  っと思ったのはデーモンです。

 f:id:thaze:20170309143931j:image

 

デーモンはギリシャ語のダイモーンというのが語源で

 

ダイモーン(ギリシア語: δαίμων - daimōn; ラテン語:dæmon, daemon; 英語: daemon [diːmən], daimon [dáimoʊn])は、古代ギリシアおよびヘレニズムにおける神話・宗教・哲学に登場する、「人間と神々の中間に位置する、あるいは善性あるいは悪性の超自然的存在で、下位の神格や死んだ英雄の霊など」を指す(プラトン『饗宴』を参照)

 

人間と神々の中間に位置する超自然的存在。

 

これって東洋的にいうと霊っぽいでしょ?

 

つまり良い霊と悪い霊がいて、その悪い方の霊がピックアップされて悪霊➡︎悪魔ってなるんですよね。

 

霊も良いやつと悪いやつがいる。っという概念だったんですよね。

 

 

ヘーシオドス『神統記』では、パエトーンはダイモーンに変じて目に見えない存在となる。

 

ヘーシオドスは、ゼウスの思し召しによって黄金時代の人々がダイモーンに変えられ、善意をもって死すべき人間たちに役立つべく守護神の役割を果たすようになった様を描いていて

 

敬慕されている英雄や創立者のダイモーンは神殿建立によってそこに留まり、立ち止まってそれに祈りを捧げる者に幸運と庇護を与えるとされた。

ダイモーンという言葉はまた、守護神としてはたらく黄金時代の人々の魂を指した。

 

こちらは良い霊の説明ですね。

  

これはこの間の神社の仕組みで説明した徳川家康さんと同じようなコトなんです。

 

 

さらに

目に見えない危険な(邪悪ですらある)下位の霊的存在としてのダイモーンという概念は、プラトンとその弟子クセノクラテスが生み出し、他のネオプラトニズムの要素と共にキリスト教の教父の著書に取り込まれた。

 

ここで悪霊としてキリスト教に入っていったんですね。んで、悪魔になって。

 

ま、要はそれに対する人の想像力が一番すごいと思うんですよね。はじめは超シンプルなのに自分の中で大っきくしちゃうみたいな(笑)

んで、それを何のためにそうたか?ですよね。

そりゃ、もちろん政治宗教ですね。

 

んで、みんながさらに話や絵を作ってさらに一人歩きしていくという。そうすると

 

それこそ呪にかかっちゃうんですよね。

 

うまいのはリアリティなんですよね。リアリティをどれだけ作りだすか?っというコトだと思います。

スターウォーズもあれだけリアリティがあるから、あれだけ人が熱狂するんですよね。

 

その奥に何があるのか見極めたいものですね。

 

 

ちなみにルシファー (Lucifer) は、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名で、キリスト教、特に西方教会カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名である。ヘブライ語のサーターン(敵)と合体しましたね(笑)

 

ただ怖がるのではなく元々何だったの?

っという好奇心が大切な気もします。

 

いや、ホントすごいのは人の想像力です。

ルシフェルでこんなにも話がでてくるでてくる(笑)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/lucifer.html

 

 

 

国家成立の神話は統治者側の信仰が周辺諸民族の神を統合していく歴史ですよね。

 

日本においても伊勢系の神々が大和へ上陸してそれ以前に大和にいた神々や出雲系の神々を統べまたは追放していったようですし。

だいたい元の神は封じられて敵(悪魔)にされるんですよね。

 

ので、良いと悪い。どこから見るかでその意味合いも変わる。それも人が決めるコト。

 

統治側は脅していうコトを聞かすという、人の歴史というのは古代から飴と鞭なんですよ。

 

 

単純です(笑)