読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

Ivan Trevinoさん

ちょっと最近のパーカッションアンサンブルを調べてみるとIvan Trevinoという人にあたった。

 f:id:thaze:20170228213411j:image

ロシアの方の人なのかな?

曲はちょっとスピリチュアル、シャーマニズムっぽい。

 

題名も

ちょっとそっち系で面白い

 

 

シャーマンという言葉はシベリアの方発祥の言葉なのでその色が濃いと思う。

 

そしてシャーマニズムでまさに大切なのは太鼓なのだ。

 

まぁ、音楽もアートもファッションもそっち系が表に出てきだしてるのは強く感じます

 

 

 

まず、Catching Shadowsという曲

 

これはデュオの方は本人が演奏されているようで祈りを感じられやはりそっちの流れを感じさせられる。

 

初めイワンさんは白髪の方の方かな?っと思っていたけど若い方の方だった(笑)1983年生まれらしい。右の方のほうが何かそれっぽいんですけど(笑)

 

https://m.youtube.com/watch?v=7lktMLiKaes

 

 

んで、若いノリノリのセクテット

 

https://m.youtube.com/watch?v=e8zzOtKJgSc

 

これはあまり祈りは感じられない。

やはり曲としてはデュオで成立していると思う。

世界感は広がるがやはり蛇足感はあるなぁ。

 

ちなみに一番好きなのはこれ

 

https://m.youtube.com/watch?v=yOtJRaOD4Nw

 

 

だいたい打楽器アンサンブルって

 

マリンバが重奏フラクタルっぽい感じのやつか、メロディーと伴奏です!みたいなやつか、太鼓たちドッカーんってやつか。マニアックすぎるやつか。後面白いやつか。

 

やっぱりある程度のコード感は欲しいけど、ありすぎるとまたちょっと似たような感じになっていくし

 

もっと、こう全部の楽器が理にかなってアンサンブルしているような、今っぽい打楽器アンサンブルが聴きたいなー!!

 

 

これは結構求めてる感じに近いけど、やはりデュオ

https://m.youtube.com/watch?v=99N5ceqyirY