theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

歴史

2017年3分の2

今年の前、中半はいわゆる秘密結社探究の年であった。 去年ニューヨークのオークションウィークと今年のファッションウィークのパリコレに参加させてもらったコトにより、よりこの世の付加価値は体制側が仕掛けまくっているのだな。っと感じた。 リアルな波…

アーティストの歴史

アーティストの歴史をみてみると有名なアーティストはフリーメイソン、秘密結社に入ってる場合が多い。 有名なのはモーツァルトとかベートーベンとかバッハやレオナルドダビンチなど。 もうちょっというと レオナルドダビンチ、ドビュッシーはシオン修道会と…

国際人

今日銭湯にいって 狭い道だったので二十代後半くらいの若者に道をゆずったんだけど 奴ら会釈もしないで去っていく。 そういう気持ちを気づかないのはホントに残念賞。 フランスであればほぼ100パーセント気づいてメルシーと言う。 彼らはやはり洗練されてい…

人の歴史は洗脳の歴史

人の歴史は洗脳の歴史でもあると思う。 っていうのはたくさんの人が一緒に生きていく上で潤滑に社会が育まれていくためには洗脳というものがどうしても必要である。 以前客家のトップの人に会った時、その家は三国志くらいからの家らしいのだが、洗脳を開発…

笠荒神大倭姫宮

今日は朝から西宮は雨がきつかった。 一時に奈良の笠荒神の大倭姫宮に行く予定で車を走らせると。 奈良の笠荒神付近で雨はやんだ。 そして曇り空 あ、ラッキーと。っと現地に着く。 そのまま晴天。 ボクも昔はよく三味線や笛を弾くと嵐にあっていたので石原…

日本人の美学

日本人はナチュラルにやっていくと ワビサビの世界 もう一ついうと神道的な美学になってくる。 現代、世界に発信した有効な材料として アニメティック ワビサビ➡︎ 神道 というものがある が アニメティックの代表は村上隆さん ワビサビの代表は杉本ひろしさ…

土御門の統理

今日は6500年前から存続する土御門家統理の方にあった。 1番特筆したいコトは世と代の違いというトコで 代というのは1代目2代目とかの実際に人が継いでいくというもの 世というのはある儀式が行われて、前から今に変わる時に、、一般的には信じられないよう…

直会

今日は直会というものを説明しましょう。 直会とはナオライと読み、神社に於ける神事の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する行事(共飲共食儀礼)である。 Wikiより っとあります。 今の時代は結構祭りの後の宴会的な意味合いの方が先走…

悪魔の起源

ボクは一時期鬼をモチーフとして作っていたので鬼というものを一応紐解きましたが、海外に行くとこれは悪魔か?っと言われるコトがあるんですね。 ので 悪魔の正体は何か?っというコトを書いてみたいです。 まず、デビルdevil は、語源はラテン語ディアボロ…

神社の仕組み

今日は目に見えないモノ=霊について書きますが、それは自分の認識しているこの世界の根底にそれがある、目に見えてる世界も実際には目に見えない世界から来ているという事をボクは体験から感じたので、身近な神社を例に出して説明したいと思います。 出来る…

古代ギリシャ オルペウス教

オルペウス教というものをご存知でしょうか。 ボクは日本の鬼が海外でデーモンか?っとよく聞かれたのでデーモンを調べ始めてギリシャの思想のダイモーンという言葉に行き着きました。 そして古代ギリシャの思想哲学に多大に興味をもちそのままソクラテス、…

現代アートを作った国

いわゆる現代アートの流れを作った国ってどこだと思いますか? ズバリアメリカです!何故そうしたか?っというコトを説明して行こうと思います。 アメリカの歴史は植民地時代をいれても400年くらいの国です。 国にも年齢みたいなモノがあると思うんですよね…

美術というより価値

大学の始めての授業で 師匠の嶋本昭三先生が生徒に対していった。 緑色の細長い出席簿を手にして この出席簿がただの出席簿ではなく、エリザベス女王が使った出席簿だとすると凄い価値のモノになる。アートの基本はそういうことです。 っといった。 数多の学…

ピカソはフリーメーソンが体系だてた

ピカソはフリーメーソンが体系立てた このコトは客家のトップの方に聞いた。 その方もフリーメイソンで イギリス系のフリーメイソンだと仰っていた。 平山郁夫さんと中国をつないだ方である。 なぜそうなったのかというと、とってもシンプルな話で、それは第…

呪というもの

人は呪をつけて生きていく生き物である。 ノロイ ではなく シュ と読みます。 はじめの呪は名前 人は生きていく中で様々な呪をつけていきます。 平たく言うと思い込みです。 様々な思い込みをして生きていくのが人間です。 その呪を分かった上でするのか? …

金鳥山

六甲山には3歳の頃から親に連れられて登っていた。大人になっても六甲山に来るといつも家に帰ってくるような心地がある。 カタカムナという言葉があって ボクがカタカムナの話を始めて聞いたのはそれこそ阪神大震災の時にボランティアで関東からやって来た長…

卑弥呼の子孫

2002年らへん話 知り合いが奈良に住んでいたので泊めてもらうコトにした。 その彼はタイの留学生でポップというあだ名で気の良い男だった。 夜に着いて建物を見るとちょっと変わった造りをしていて、ちょっと古い感じであった。宿坊だった所を借りてるといっ…

阿部さんについて

阿部さんのコトを悪くいう人たちがいる。 間違ったコトをいっていると。 しかし、昔から中国の史記の話にも見られるように 白を黒、黒を白にするコトが出来る物事を遂行させれる人が優れた政治家であり。 歴史は勝てば官軍。 阿部さんのあの国会のすごい話術…

フリーメイソンについて

ボクはかねてよりフリーメイソンとか秘密結社みたいなモノには興味があった。 フランスに行って始めに行った場所はルーブルではなくフリーメイソン博物館だったのだ。 そこは思っていた暗い波動ではなく非常にピースフルな波動に満ちていた。 フリーメイソン…

アートって何?

アートアートというけれど アートって何? っというとArtという言葉の語源は ラテン語のアルス(ars)で、技術、才能などを意味した。 さらにその語源を遡るとギリシャ語のテクネ(techne)に行き着く。 と書いてある。テクニック。どちらかというと技術的な…

巡礼

20歳の頃、ある神秘体験があり巡礼をよくした。 なんかあそこ気になるな〜っと思ったら誘われて旅費まで出してもらって連れていってもらったり、または経費だすからっていわれて車を運転したり。色々な物事を見せてもらった。 実際に確かめようと宗教団体…

グレーゾーン

この世の98%は商売の話 全く関係なさそうな話でも 宗教も大体、団体になれば利害関係で物事は動く 当然といえば当然だけど。 三国志時代頃から続く家に伝わる言葉 バカは褒めろ(いうことをきくから) 賢い人は勝手にする 色々なコトに当てはまります

何をしたかったのかな?

ボクは自分でいうのもなんだけど 結構色々なコトをしている 今はアートを生業として世界を巡っているのだけど プロミュージシャンだったコトもあり田舎で半自給自足の暮らしをしているコトもあり、霊の世界を知りたいと思い巡礼や実際にある教団に入ってみた…