theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

向きあうPLUS

一昨日書いた記事について、いくつか問い合わせがありましたので、もう少し イヤなコトがやってきているけど、向き合う場所がわからない。 何に向き合うか? 原因がわからないという話が多いようでした(笑) 何が原因か?っというわけです。 たしかにね。 …

向き合うコト

例えば 何かイヤだなっていうコトがあるとします。 そして、それと似たようなコトが何回か続いたとします。 そういう時はそのコトと向き合った方がえーよ〜〜 っていうサインです。 霊的にいうと 守護の方からのサインです。 ついつい 面倒くさくなったり、…

悪いコトも無駄なコトもない

人生において悪いコトや無駄なコトは何もないと思います。 どんなに悪いコトでも時間がたって振り返ってみると、そのキッカケで今があったりするコトに気づきます。 何を感じにこの地球にやってきたのか? これが基本の考え。 例えばボクは田舎暮らしをして…

人は何故生きるのか?

それは人類がはじまってからの疑問かとは思いますが、時代時代によっても様々であったとは思います。 が、 ひとことでいうと、この星に何かを体験しに来ているのだと思います。 したい体験は人それぞれです。 社会は一律的なものを求めますが、人というモノ…

霊感について4自霊拝

さて、守護の方とよりつながるためについてです。 このブログの中で一番大切なコトかもしれません。 実はこの記事はブログを始めた2017年の2月頃に書いていましたが、載せるのやめとこうと封印していました。 しかし、ブログを見た何人かの方がもっとその辺…

スーパー排毒法

12月始めに、久しぶりにライブで歌いました。 チャンとコンサートするのは六年ぶりくらいでした とても良い時間でした♪ が、実は その3日前に風邪をひいてしまってて、喉にきてたんですよ。 んで、 喉に炎症がきて胸にいきよる感じで、あぁこれ歌やばいな〜…

霊感について3

さて霊感(インスピレーション)は 守護霊、守護の方から来ているというコトを前回にお話しましたが。 thaze.hatenablog.com 今回は守護の方は誰かという話 ひとつの核心的なお話です。 ひとつの区切りですが、これをベースにまた色々なコトを感じてもらいた…

霊感について2

前回で良い霊と悪い霊がいるという概念を知っていただけたと思います。 前回の記事はこちら。 thaze.hatenablog.com これは古代ギリシャにも似たような概念があり以前も書いたかもなんですが ダイモーン。daemonっというものです。 これはデーモン、悪魔の語…

天川の神霊1

日本には5大弁財天というモノがあります。 安芸の宮島、琵琶湖の竹生島、奈良の天川、江ノ島、仙台の金華山です。 天川というのはその中の1つでボクがはじめて天川という場所に行ったのは20歳くらいでした。 当時、ボクは 美大生でベタに宗教、美術、哲学…

霊について

この霊から運につながる話は膨大な情報量なので、できるだけコンパクトにしていきたいと思います。 まず、日本におけるカミと霊という概念について書いていきます。 霊というモノは一般的には怖い印象があるかと思います。だいたいの方のイメージは霊=幽霊 …

Meditation

瞑想ってどんなイメージでしょうか? 文字通り瞑を想うとは。 瞑想によってはこういうコトも得られます。 自分の声を聞く、直感を磨きたい、自分の奥の本音、無意識を扱う、心の掃除、など、、、 音は、そういうものを引き出してくれる作用があると思います…

霊感について

最近よく霊について聞かれるので霊について書きたいと思います。 霊の前に霊感はなんなのか?っというコトについて触れてみようと思います。 あ、もちろんこれも20年くらい色々な所に行き、色々な話を聞いた上で、ボクの独断とヘンケンと感覚なので、そこの…

自分に感謝

現代社会は よく人には感謝するコトを教えています。 しかし もう1つ大切なコトは 自分に感謝するコト ではないのかな?っと思います。 ナルシスとはまた違う意味で。 もっと根本的な話。 何故かというと この世界のすべてのコトは自分を通して認識している…

幻の果物

先日お友達の住職が兼務されているお寺の観月会へ行った時にいただいた果物 ポポーというらしく ドリアンのような果物と紹介された ドリアン?あの強力な香りの? ドリアンは好き嫌いがパキっとわかれて ドリアン普通っていう人はあまりいないように思う。 …

体育の日のいつも

もう終わった話でアレなんですが 阪神間の気候の話なんですが 体育の日ってね、毎年絶対暑くなってるんですよ ここ10年くらい、意識して過ごしていたんですが今年もやはりそうでした。 彼岸で一度冷えて体育の日で二、三日暑くなる 異常気象とはいえ、昔から…

裸になる時

ど〜でも良いけど、どーでもよくない話が たくさんあります。 これもその1つですが 服をぬぐ順番とか、みんな違うかと思うんですよね。 例えばお風呂に入るときとかに服を脱ぐ順番ですけどどうですか? ボクはまず靴下です。 靴下は最後とかは絶対ありえな…

モノと情報と人生

モノについて考える。 それはホントに必要なものなのだろうか? モノに降り回されていないだろうか? 使い切れていないのであればそれは不要なモノなのだと思う。 いつかいると思ってとっておくのは意外に不要なものです。 大体の実家は捨てきれないモノに溢…

嫁と 金粉

嫁はたまに金粉 いや たまに雲母のようなキラキラしたものを出す。 大体、何かの良い兆しの時にキラキラと手に金粉が出るのだけど 付き合った当初はよっぽど嬉しかったようで はは(笑) 顔全面に雲母のようなものがキラキラ光っていたコトがある。 それは雪…

ポップアートとは?

ポップアートという言葉はきいたコトがあるかもしれないがポップアートとはなんぞや? 実は定義がある。(笑) 津軽三味線の津軽じょんがら節のじょんがらという意味を知らないように言葉の表面的な部分で流れていく言葉っていうのは本当に多い。 津軽三味線…

2017年3分の2

今年の前、中半はいわゆる秘密結社探究の年であった。 去年ニューヨークのオークションウィークと今年のファッションウィークのパリコレに参加させてもらったコトにより、よりこの世の付加価値は体制側が仕掛けまくっているのだな。っと感じた。 リアルな波…

音の好転反応

先日東京のスピリチュアルアート系のサロンでお会いした方がいて お昼をご馳走していただいたり、よくしていただいたので、昔作ったCDを二枚プレゼントした。 1つは歌系1つはメディテーションというCDを送らせてもらった。 その方の娘さんが今の世の中、心…

アーティストの歴史

アーティストの歴史をみてみると有名なアーティストはフリーメイソン、秘密結社に入ってる場合が多い。 有名なのはモーツァルトとかベートーベンとかバッハやレオナルドダビンチなど。 もうちょっというと レオナルドダビンチ、ドビュッシーはシオン修道会と…

呪について

呪 (シュ)っというものについて触れたコトがあるんですが 呪 というとのはホントに凄いもので 誰もが呪をつけられて生きています。 そして 最初の呪は名前なんですよね。 人はその呪にかかって生きていくわけですが 生きていく過程で 鬱鬱っとしてしまった…

綾部のおじいちゃんとおばあちゃん

ふと思い立って田舎暮らしをしていた京都の綾部に行ってきた。 田舎暮らしをしていた時に本当によくしてもらった隣のおじいちゃんとおばあちゃんがいた。 百人未満の集落の田舎暮らしというものは隣の家の人たちの影響力はすごくて そこが気が合うか合わない…

歪み

ここではヒズミとよむ。 歪みと聞けば 体の歪みを思う方が多いと思うが 人生にも歪みがあり それは 理から逸れたコトをするとやってくる。 自然という言葉もあやふやな言葉だが 木をみてもらえばわかるのではないかな、 っと思う。 木は陽の当たりや水やまた…

お金とクーラー

お金とクーラーはよく似ている お金というシステムが開発されて人はお金なしでは社会で生きれなくなった。 どれだけエコなお金のない暮らしを目指しても田舎の隅々までお金のシステムは行き渡っている クーラーが開発されて 涼しいのだが、温暖化が進み、益…

国際人

今日銭湯にいって 狭い道だったので二十代後半くらいの若者に道をゆずったんだけど 奴ら会釈もしないで去っていく。 そういう気持ちを気づかないのはホントに残念賞。 フランスであればほぼ100パーセント気づいてメルシーと言う。 彼らはやはり洗練されてい…

大きさの妙

人は生きる上でこれはこれくらいの大きさだという認識を脳に与えていく。 例えば車はこれくらい。 鉛筆はこれくらい。 そしてその鉛筆なのに違う大きさが違うものがやってきた時 脳はグラグラする。 その辺りのギャップをねらって針やボタンを大きくしたり …

瞳孔がひらく

昨日、娘が至近距離で投げたウルトラマンが頭か足だかが目に刺さって、目が赤くなったので眼科に行ってきた。 私は過度の医者嫌いである(笑) が、仕方なしに行ってきた。 やはり目の表面に傷がついていたらしく、瞳孔をひらいて目の奥もみるという。 瞳孔…

目標

インスタグラムで外国の方がナイスギャラリーとコメントしてきた。 1人の作品群なのだがあまりにも多種多様すぎて何人かの作品だと思ったようだ。 ボクはそれを見てやった!っと思った。 ここ何年かの僕の目標はどれだけ多種多様な引き出しを作れるかという…