theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

笠荒神大倭姫宮

今日は朝から西宮は雨がきつかった。

一時に奈良の笠荒神の大倭姫宮に行く予定で車を走らせると。

奈良の笠荒神付近で雨はやんだ。

 

そして曇り空

 

あ、ラッキーと。っと現地に着く。

 

そのまま晴天。

 

ボクも昔はよく三味線や笛を弾くと嵐にあっていたので石原裕次郎ばりに嵐を呼ぶ男であったが、最近はめっきり晴模様で気持ち良い感じになった。


20年ほど日本と世界各地で奉納演奏をさせていただいているが、色々あった。

 

f:id:thaze:20170415214149j:image

 

 

和やかに心地よく奉納演奏が終わる。

代表の方と喋っていると神ゴトをやり始めて35年経つという。

 

天川の宇宙話を始めポロポロと不思議な話を聞く。天川神社の宮司さんとも仲が良いらしく宮司さんはユーフォーを呼べるらしい。


後、ダンノダイラのしめ縄を張り替えているらしくこういう方がいるから楽しく巡礼させているのだな。っと改めて感じる。

 

場を管理するのは本当に大変なのです。

 

神ゴトが楽しい楽しいと言ってらっしゃった

良いコトだな。っと思った

 


その中でも二つ、心に残った話があって

 

1つは夢で神社の禰宜さんみたいな方が現れて九州の岩戸神社に来てくださいという。

 

それで、マイクロバスを借り切って17人で行くとその岩戸神社にまさにその禰宜さんが待ち構えていた‼︎

 

そして、神社の色々なトコロを案内して下さり最後にこのまま天の安河原に行って下さいといってその禰宜さんはどこかに行った。

その後、社務所に行ってあの禰宜さんはどこに行ったのですか?っと聞くとそんな人はいないし、そんな案内なんかしないという。


昔話のおじいさんみたいな話ですな。

 

 


もう一つは、その大倭姫宮で祀っている石の話で、その石は笠荒神の歴史を調べている方が発見したらしいのだが、その方が石につまずいた。

 

それは

真っ黒な石だったのだが、持って帰って磨くとピンクになったという。

 

その石は毎年9月17日の大祭に見れるらしいのだが、見せていただいた。

 

直径30センチくらいのピンクの石であった。見た感じはローズクォーツのようなのだが、調べてもらったトコロ中国のある場所にしかない石のようだ。

何とも温かい波動で、古代の何かがやって来ているような感じがした。

 

ちなみに大倭姫とは卑弥呼のコトらしく、そのあたりに卑弥呼が居たと歴史を調べている方は言っていたらしい。

 

まぁ、中国のピンク石もあるしなぁ。

 

 


帰りに笠荒神でお参りをして帰ろうと思うと社務所の叔父ちゃんがその楽器は何か?
っと聞かれて

 

三味線です。

っという。

 

するとこんなん聞くんはなんですけどいくらくらいするんですか?

っとか話を伸ばしたがるので

 

あ、聴きたいんやな(笑)
っと思って

弾きましょか?(笑)


っと言うととても嬉しそうであった

 

いやー、そんなん悪いわ〜

っとかいうけど

 

そんなに言われたら弾かないわけには行かないでしょう(笑)
っというコトでお宮の前で奉納というコトで弾かせていただきました。

 

f:id:thaze:20170415214653j:image

 

とても感動していただいたようで?
もう死ぬまではありませんな〜

っとか喜んでいただいたようで良かったです。

お礼に
お酒をいただきました。

 

でわでわ、またご機嫌よう。

ボブディランとあったんよ

桜の季節ですね。

f:id:thaze:20170412224614j:image

 

この季節は10年ほど前にボブディランらしき人と会った事を思い出します。

 

ボクはその頃京都の綾部で半自給自足のくらしをしていました。

 

使っていた楽器がギブソンのD45だったせいか妙にボブディランが気になり、ボブディランのCD買ったり、コード譜買ったり、あげくの果てにはボブディランモデルのハーモニカまで買ってしまいましたとさ。

 

その時畑を耕しながらボブディランを聴いていて

 

ライカローリングストーンが最高だな。

https://m.youtube.com/watch?v=_-5fDg-VUxQ

 

っと呟いた。

 

 

そしてその頃は姫路城の観桜会というこれまた夜桜を楽しみながら音楽を聴くという素敵なイベントに毎年出演させていただいていました。

https://m.youtube.com/watch?v=w4ENUU8qLXg

 

 

そして、演奏も終わり三味線を片づけていると1人の外国人のおじいちゃんが何やら喋りかけてきました

 

その傍らには身なりの良さげな女性が2人

 

 女性が

「彼はボブディランです。」とボクに紹介した。

 

え。?

 

ボブディラン?

 

え〜〜〜〜‼︎

 

とうとう本物を引き寄せてしまったのか‼︎ っとか思って騒ぎ出しそうになるのを見た瞬間に

 

女性の方が

「あ、違います。彼はボブディランじゃありません」といった。

 

そして  ボクは

なぜか、そりゃ、そうだろうなと思った(笑)

だって目の前の外国人は

 

おじいちゃんだもん!

 

オレの知ってるボブディランはこれだ

f:id:thaze:20170411214044j:image

 

って感じで

 

後後考えたらそれはおかしいやろ?っという感じなんだけど、多分高度な術がかけられていたのだと思います。

 

んで、ボクが納得したのを見計らって、その女性の方が

 

「彼がその楽器を触りたいと言っています。がよろしいですか?」っと通訳した。

 

ボクはもちろん

 

といいまず彼に楽器を持ってもらった。

 

 

あ、何か楽器似合う人だな。っと思って

(そりゃそうだろ!)

 

撥を貸したらペンペンぺンと弾いて楽器に馴れている人だな〜っと思った。

(そりゃ〜そうだろ‼︎)

 

そして興味深そうに三味線を眺めていたので素材はどうだこうだとか説明して、最後にバンジョーに似ているんだよ。

 

っといったところで腑に落ちていたっぽくて

 

相手のカメラで写真を一緒に撮り

 

バイバーイ  って感じでその時は終わりました。

 

 

後日、そういうコトがあったコトを友人に伝えると

 

そん時丁度日本に来ていて友達はライブに行っていたようで。それホんモンちゃうか?

っという話に。

 

んで、ボクは今の写真を調べると

 

f:id:thaze:20170413205525j:image

 

 

 

たしかに…

 

このおじいちゃんでしたよ…(笑)

 

 全くオーラもなくってね。

意外にデカかったんですよね〜

 

人間

 

人間って感じ 

 

 

 

その時期に作っていた曲が「君とランデブー」という曲で、出だしの歌詞が

 

ミネソタ州で生まれたボクはラクダの背に乗って走る。

 

という意味わからん歌詞でしたがボブもミネソタ州でした

 

君っていうのはボブのコトだったのかなぁ

 

 

そしてボブディランのマークはこれなんですよね

f:id:thaze:20170413205801j:image

 

イルミナティなんですね〜

 

たしかに昔、ストーンズと一緒のライブ動画見た時ミックがエライ気をつかっていたんですよ。

 

ノーベル賞もそれでしょうね。

 

ドンドン価値をつけていっているわけなんですね。

 

執着心を無くすために

執着がなくなるためにはどうしたら良いかと聞かれる。

 

そこであったり前といわれるとあったり前だけど

それはやりきるしかないでしょう‼︎(笑)

 

っという。

 

 

例えば

 

水滴と言われれば海

 

っというくらい

 

過剰に

 

やり尽くす、知り尽くすしかない

 

 

っというか(笑)

 

どういうモノかわからないから執着するわけですよ。

 

そのモノの舞台表から舞台裏まで。練習から生まれてきたトコまで。知れば納得して  

 

ストン

 

っと落ちると思いますよ。

 

人生かけて。

 

時間とエネルギーかけて

 

途中で歪みも出るかもしれない。

 

 

そこまでして知りたくない

味わいたくないモノは

 

きっと

 

そんなに知らなくても良いコトでしょう(笑)

 

やりたいコト知りたいコトはトコトンやる♪

 

ギャラリーと美術館と経済

今回の話はアートのレア話です。

あまり表だっては出てこない話。

 

けど

こういう方向からみるとまた色々と見えてきます。

 

ニューヨークは2016年に二度行きました。 

一度目はアーモリーショーとボルタNYというアートフェアに

二度目に行った時にはオークションウィークに合わせて行きました。

 

 

始めは主にチェルシーという地区を中心に

二回目はブルックリンとロウワーイーストサイドのギャラリーをウロウロ歩いてまわりました。

 

一度目は把握するのでいっぱいいっぱいでしたが二度目になると色々と見えてきて、確かに場所は変わるけども構造的には変わってないのだろうな

 

っと思いました。

 

ニューヨークでは前まではアート観光地だった場所が育っていくとハイソサエティな場所になっていく。その移り変わりが早いです。

 

ロウワーイーストサイドにギャラリーリチャードというパリとニューヨークでスペース持っているギャラリーがあり、フランス人と日本人の夫婦でされていて運よく日本人の方がいたのでお話しを聞けました。

 

ちなみにボクは英語は買い物出来るくらいで後さっぱりで(笑)フランス語なんかもうって感じです。

NYのギャラリーリチャードも元はチェルシーにあったのだが家賃が上がってとても払えないのでこっちに来たというコトでこっちに移ってきた。という話で

 

バクっというと基本チェルシーは投資家が客

ロウワーやブルックリンは観光客が客みたいな感じですね。


その方の話によると、大きなギャラリーはドンドン大きくなり小さなギャラリーは潰れていくばかりになった。というコトで

 


どこの世界も二極化だなあ
っと思いました。

 

 

二回目は中国の有名なアーティスト、アイウェイウェイさんがグッゲンハイムで個展をされていました。

 

そして、周りのギャラリーも扱っているのは中国人や日本の作家が多い。

 

っというようにギャラリーは一見みんなが好きなモノを扱っているようですが、いうても売らないとギャラリーはやっていけないので便乗してその関連のアートを売ろうとするわけです。

 

まぁ、そこまで露骨ではありませんが、そういう傾向はあるというコトです。

 

 

海外では

美術館で何をやっているか?をみると面白いです。

 

それによって周りのギャラリーとの動きも見えてくるので。

 

国の力関係まで見えますね。

 

そして大きいギャラリー程その動きが露骨です(笑)

なぜなら大きいギャラリーには美術館にいったお金持ちや投資家がそのままくるからです。

 

アイウェイウェイの巨大なインスタレーションをグッゲンハイムでやって

 

ギャラリーでは大木をブロンズにキャスティングしたような作品を売ってました。

こんな

f:id:thaze:20170411084858j:image

んで、キャスティングされる大木も飾っています。

f:id:thaze:20170411085129j:image

 

家に置きたいと思わせるモノを売っているわけですよ。しかもシリーズの内の一点を買ったみたいな満足感も得られるわけです。

 

ちゃんと平面も三点で1セットみたいなやつです。

f:id:thaze:20170411085242j:image

 

いや〜、かしこいですよね〜(笑)

 

美術館でインスタレーションをしてギャラリーでは売れるようなモノ、持って帰りたいようなものを展示しているというコトです。

 

お互いに相乗効果を生んでいるのです。

 

2017にパリに行った時なは近代美術館ではトンベリの展示会をやっていてガゴシアンでもトンベリみたいな(笑)これはホントにわかりやすかった(笑)

 

 

アートの世界に清貧を求める傾向はあるのですが、コアなところはお金がゴゴーっと動いてます。まぁ、いうてもルーブルに展示されるようなモノは当時の王朝や教会の最高峰のモノばかりですから。

 

それこそアートの世界は広いのですが、その経済アートの世界を実質的に動かしている層がほしいのはピラミッドの先の方なのです。

 

裾野が広がれば広がる程てっぺんの価値が上がる。

 

西洋の人が考えるのは価値作りです。

 

日本人はどうしてもお金だけの方に意識が行きがちですが、価値作りというモノに西洋人は意識がよくいってると思います。いわゆるブランディングというやつですが、もっと根っこの方に根本的な意識の違いがあるように感じるのはそれは

 

お金というモノを作った。 さぁ次どうしようか。みたいな。んじゃ、それに見合うような価値のあるものを作ろう。みたいな

 

そのノリでココまで来てそれがより過剰になってきているトコはあるのでしょうね。

 

興味のある方はオークションを見て下さい。サザビーズ、クリスティーズ、フィリップスのオークションを見たら現代のアートの位置というモノが結構わかる所があると思いますよ。

 

 

印象派➡︎近代➡︎現代と。

 

 

 

なんでも良い悪いで判断するように仕向けられていますが、良い悪いではなくどういうシステムが動いているか。っというコトです。

 

社会のシステムは作られており、そのシステムの中で生きて生かせていただいているのというコトも頭に入れて人生を楽しみたいですね♪

 

 

 

星から来た?

そう。

 

ボクは初め鬼をテーマにアートを作っていて、おに の語源に おぬ っというものがあって隠ぬ

 

っと書く。その語源の話はとても興味深くてよくわかららない人びとや、歴史的に蓋をされていったような人びとがオヌと呼ばれて

 

それが時代が下ると中国の鬼という漢字と合わさり、そこには霊などのよくわからないものもあったのではないかな。っと思う。

 

元々中国の鬼は霊を指す言葉で鬼道に入るとはまさに霊の世界に入るというコト。

 

ツノはなかった。

 

そして、オヌというモノ、歴史的なよく解らない人たちの血はボクらの中にも入っていると思う。なんせ千年時代が進めば  兆くらいの人に広がるのだから。

 

それからそのあたりを意識しながら作って言った。鎮魂の意味合いもこめて。DNAを辿るような旅であった。

f:id:thaze:20170410160430j:image

 

その過程である時宇宙的なモノがかかわってたようなメッセージが降りてきた。

 

それからそのあたりを意識して物事を見ていくと、何かと星からのモチーフが生活にも散りばめられている。

 

例えば

おじいちゃんが死んだら星になったのよ。

 

っとか、運が良い人がいたらあの人は良い星の元に生まれてきた

 

っとか。まぁ、これは宿曜からのコトでもあるのだが。

 

そしてフランス人の友達と喋っていて、地震の時どうだったのか?っと聞かれて、ボクは神戸生まれなので聞かれたのだと思うのだが。丁度その前に引っ越ししていて大きな被害はなかったのである。

 

するとそのフランス人の友人は良い星の元に生まれたんだね。っと言った。

 

あー、そっちもそうなんですか。

意外に民間に当たり前に伝えられているコトにエッセンスがあったりすると思う。

 

そのまま、んじゃどこから来たのかな?っと思ったらヒマワリが見えた。

 

 

 

するとその夜 空にいわゆるユーフォーのようなものが光ってグニャグニャっと動いて消えた。

 

まあ、ユーフォーかはわからないけど、光って凄い速さで変わった動きをする飛行するものです。

 

前に日ユ同祖論の話を聞いた日に見たユーフォーと似ていた。

 

ヒマワリかーっと思って調べてみるとヒマワリ銀河というモノがあって、何となく懐かしい感じを覚えた。

 

 

話は嫁に戻って、嫁が小学生の頃体育の時に銀色の飛行物体がやってきていたらしい。

 

それは他の人には見えなくてピカっと光った瞬間、嫁は気づいたら座り込んでいて

 

男子に太ももの裏側に泥がついてる〜

 

きたな〜

 

っといわれて

 

水で洗い流したけどとれなくて それはシミであっ

 

あれ?いつ付いたのかな  っと思ってこすったけど、とれない

 

どうやら一瞬でシミのようなアザのようなモノが出来てしまっていて、家に帰って説明するととりあえず皮膚科に連れていかれ、皮膚を移植しなければこれはとれないと言われた。

 

ので、母にそのシミも愛してくれる人と結婚しなさいと言われたという。

 

確かに結構なシミで意味ありげなエピソードでできたモノなので何の形かな〜 っと思っていたけど、わからなくて

 

一昨日ふとそれを見せてもらうと10年前よりもかなり薄くなっているように見えたが、それはよく見るとプレアデス星団の形のようであった。

 

f:id:thaze:20170410162151j:image

 

 

 

 

プレアデス星団

今日は毎年恒例の柳生桜祭り

 

夜はマハラジャで三味線

 

久しぶりに人前で弾く

 

 

そして

嫁のいう宇宙人はどこからかな?

っという話をしてて以前谷村シンジさんに会ったことを思いだして

 

昴ちゃうか?

みたいな

 

んで、昴はプレアデス星団

 

ピラミッドもそのような噂がある。っということは三角形の目のやつでつながるな。

 

っもいう話で

 

プレアデス星団について電話で喋っていると

ふと運転中に右をみると

 

f:id:thaze:20170409165637j:image

 

あれ?(笑)具現化したのか

そこにあったのか。

いや、そりゃあったんだよね。

 

意識はラジオの周波数のようなもの

どこに合わせるかは自分