読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

theohazeの記録

theohazeの独断と偏見による雑記

嫁 と 糸

田舎暮らし

嫁はちょっと不思議ちゃんなんですよ。

あ、良い意味でね。

 

森の良さげなトコ来たら泡みたいなんが沢山浮いてる。っとか幾何学模様が見える。

 

っとか、子供の頃に優待(幽体)離脱も学生時代はよくしたらしいし、子供の頃はゆーふぉーがベランダに来たりしていたらしく

 

一緒にいても度々ちょっと説明がつきにくい不思議なコトがある。

お互いさまだと思うけど。

 

 

田舎暮らしをしていた時に

 

嫁が空の上から垂れている糸を見たことがあったらしくて

 

 

その糸は空から垂れて風に揺れていた。

少し手を伸ばしたら届きそうな距離で

 

 

蜘蛛の糸かな?

っと思ったのだけど、周りには何もなく

 

蜘蛛の糸よりは太く

ピアノ線くらいな感じだったらしい。

 

 

どこから垂れてるのかな?って思ったんだけど

 

空しかなくてとりあえず触らなかったらしいんだけど

 

 

 

 

この前ふとアニメの蟲師を見たら

 

f:id:thaze:20170313200425j:image

 

あれ? これ?(笑)

 

っと思った。

 

 

 

触ってたら

 

f:id:thaze:20170313200442j:image

こうなってたのかな(笑)

 

 

 

 

触らなくて良かったな(笑)

 

曽爾高原

日曜、良い天気だったので昼から奈良。ほとんど三重の曽爾高原に行ってきました。西宮から車で、二時間くらい。

f:id:thaze:20170312193609j:image

 

秋のススキが有名で

ちょうど焼いた後でなーにも無かったですが、景色も綺麗で空気も澄んでて良かったです♪

 

なんせ、広いトコの行きたいと思って。

脳が快になるんです。

この静けさがたまらないな〜。

 

f:id:thaze:20170312195512j:image

f:id:thaze:20170313092052j:image 

長女も随分と足が強くなりました。

上り体力下りは技術

 

f:id:thaze:20170313092130j:image

自然の中でチューニング♪

 

f:id:thaze:20170313092156j:image

夕焼け

きれかった〜♪

 

当たり前みたいですけど、毎日こんなコトが行われているってホントに凄いな〜♪

 

 

神戸岩茶荘3

健康

因みに眼診でまず体質を五行陰陽の五色で教えてくれる。

 f:id:thaze:20170312102238j:image

 

あなたは白

あなたは黄っといった具合に。

 

青➡︎木

赤➡︎火

黄➡︎土

白➡︎金

黒➡︎水

 

 

そしてもうちょっと細かいところで、黄よりの白とかもある。

 

例えば黄よりの白は

土よりの金属で  鉄的なもの

 

黒よりの白は

水よりの金属で  宝石

 

っといったように。結構その中でも性質が違う。

 

因みにボクは

黒よりの白➡︎宝石

 

嫁は

黄よりの白➡︎鉄

 

で、眼診の先生が逆やったら良かったんですけどね〜(笑) っと嬉しそうにいっていたのが忘れられない。

 

 

宝石のボクは磨かれないとただの石なので何かしら磨くコトで人が認知する(笑)

 

アートという職業はぴったりらしい。

 

 

黄の人はだいたい体が強い

白の人は綺麗なものが好きとか

 

だいたいの傾向もある。

 

後、こないだ行って驚いたのは後天的なものであるというコト。

女は8歳

男は10歳くらいで眼診が出来るらしい

 

親次第でそこまでは変わるという概念。

 

へー

 

 

 

10年くらい前はお茶と眼診セットでしたが人気が出てきて、忙しくなられているので別料金になりましだか、それでも安いと思う。

 

 

神戸岩茶荘

http://www.gancha.net/html/page15.html

 

岩茶 

http://gancha.net/html/newpage.html?code=4

 

 

眼診

http://www.gancha.net/html/page7.html

神戸岩茶荘2

健康

神戸岩茶荘との出会いは2008年くらいだった。

 

母が以前に行っていたのを聞いてボクも行くようになった。

 

母が岩茶荘に行くようになった経緯はお友達と奈良の新薬師寺にお詣り(観光)に行った時。

 

最寄りの駅で托鉢をしていた若い尼さん。きっと霊能修行をされていたのだと思うが、声をかけられて、子宮のあたりに黒いモヤが見えるので風呂に塩を入れて入りなさい。っと言われた。

 

しかし、母はその時は全然そんな事は信じなかった。

 

後日、友達と岩茶荘に行って眼診の時に言われた言葉。

 

全然違う場所で違う人に、子宮に黒いモヤがあり塩を入れてお風呂に入ったら良いと言われた。

さすがに二人はグルではないので急いでそうした。っという。

 

その後、しばらくしてまた行くとモヤが見えなくなった。っと言われたらしい。

 

 

西洋医学でも脂肪の奥にあるやつとか潜在的なモノは中々見えないモノがあるらしい。

 

そういうモノを小さな内に発見してもらえたら良いと思う。対処ができるから。

 

西洋医学で見えて来た状態ではやや遅いのだと思う。表に出てきてるから。

そういう西洋と東洋の良いトコどりをしたいなっと常々思ってる(笑)

 

 

神戸岩茶荘とはどういう所かというと、まず岩茶という烏龍茶がある。

 

そして眼診という体の状態をみてくれる診断方法があり体にあった岩茶を勧めてくれるのである。しかもそこの岩茶は無農薬だそうな。そんなお茶は中々ない。だいたいのお茶は農薬まみれなのだ。

 

農薬もまた独特の味がするので、逆にそれでないと美味しいと思えなくなってる現状もあるらしい。化学調味料と良く似ている。

 

 

何故眼診が出来たのかというと

 

中国の皇帝などの人たちは暗殺できるので手を触れる事ができなかった。そこで眼を診て体の状態を診断する方法が生まれたらしい。

 

 

眼診では自分でも  あ〜 、そういえば、そうだな〜っというような事を気づかせてくれる。 

 

例えば、初めて行った時、ボクは体の外側は熱いが体の内側は冷えているといわれ。そういえば昔から風が吹いたり、プールとかの時間に人よりも早く冷えていて、冷えたらなかなか温もらないのであった。

 

それからそのあたりに気をつけるようになって風邪をひかなくなった。

 

体質は人それぞれで、人の対処法を当てはめるのではなく、自分の体質を知る事はとても重要である。

 

元気な人がいきなり体調を崩すというのは良く聞く話で、意外とちょっと体が弱めで気をつけてる人の方が長生きしたりする。体の丈夫な人は無理がきくからだ。その無理が奥の方で来ていたりするので、丈夫な人も体質の傾向を知っていたら最高だと思う。

 

眼診は不思議なもので、あなたこうこうこうしたら春頃妊娠しますよ。っとか体調の事だけでなく度々 予言めいた事もいい当ててくれて面白い。それも目に出ているのだそうで

 

 

目は口ほどにモノをいう。

 

とは、よく言ったものですな(笑)

 

んで、ここのお粥がめちゃくちゃ美味しい。

体に染みます。

f:id:thaze:20170312094129j:image

 

 

神戸岩茶荘

健康

f:id:thaze:20170310113936j:image

 

今日は神戸岩茶荘で 体調みてもらってます

かれこれ10年ほど通ってるかな。

f:id:thaze:20170310113928j:image

東洋医学的なアプローチはね

またなるほどと。

f:id:thaze:20170310114042j:image

 

細かい話はまた

悪魔の起源

歴史

ボクは一時期鬼をモチーフとして作っていたので鬼というものを一応紐解きましたが、海外に行くとこれは悪魔か?っと言われるコトがあるんですね。 

 

ので

 

悪魔の正体は何か?っというコトを書いてみたいです。

まず、デビルdevil は、語源はラテン語ディアボロス Diabolosであり、 語源はギリシャディアボロ「告発人、中傷者」で、聖書のヘブライ語サタンsatanの翻訳に 使われた。

 

ヘブライ語のサタン(サーターン שָּׂטָן)は「敵対者」「妨げる者」「誹謗する者」「訴える者」を意味する。ヘブライ聖書では「敵」などを意味する普通名詞として何度もあらわれる。

 

上記の二つは障害って感じですね。

ちなみに角や翼は元々ありません。

 

面白いな  っと思ったのはデーモンです。

 f:id:thaze:20170309143931j:image

 

デーモンはギリシャ語のダイモーンというのが語源で

 

ダイモーン(ギリシア語: δαίμων - daimōn; ラテン語:dæmon, daemon; 英語: daemon [diːmən], daimon [dáimoʊn])は、古代ギリシアおよびヘレニズムにおける神話・宗教・哲学に登場する、「人間と神々の中間に位置する、あるいは善性あるいは悪性の超自然的存在で、下位の神格や死んだ英雄の霊など」を指す(プラトン『饗宴』を参照)

 

人間と神々の中間に位置する超自然的存在。

 

これって東洋的にいうと霊っぽいでしょ?

 

つまり良い霊と悪い霊がいて、その悪い方の霊がピックアップされて悪霊➡︎悪魔ってなるんですよね。

 

霊も良いやつと悪いやつがいる。っという概念だったんですよね。

 

 

ヘーシオドス『神統記』では、パエトーンはダイモーンに変じて目に見えない存在となる。

 

ヘーシオドスは、ゼウスの思し召しによって黄金時代の人々がダイモーンに変えられ、善意をもって死すべき人間たちに役立つべく守護神の役割を果たすようになった様を描いていて

 

敬慕されている英雄や創立者のダイモーンは神殿建立によってそこに留まり、立ち止まってそれに祈りを捧げる者に幸運と庇護を与えるとされた。

ダイモーンという言葉はまた、守護神としてはたらく黄金時代の人々の魂を指した。

 

こちらは良い霊の説明ですね。

  

これはこの間の神社の仕組みで説明した徳川家康さんと同じようなコトなんです。

 

 

さらに

目に見えない危険な(邪悪ですらある)下位の霊的存在としてのダイモーンという概念は、プラトンとその弟子クセノクラテスが生み出し、他のネオプラトニズムの要素と共にキリスト教の教父の著書に取り込まれた。

 

ここで悪霊としてキリスト教に入っていったんですね。んで、悪魔になって。

 

ま、要はそれに対する人の想像力が一番すごいと思うんですよね。はじめは超シンプルなのに自分の中で大っきくしちゃうみたいな(笑)

んで、それを何のためにそうたか?ですよね。

そりゃ、もちろん政治宗教ですね。

 

んで、みんながさらに話や絵を作ってさらに一人歩きしていくという。そうすると

 

それこそ呪にかかっちゃうんですよね。

 

うまいのはリアリティなんですよね。リアリティをどれだけ作りだすか?っというコトだと思います。

スターウォーズもあれだけリアリティがあるから、あれだけ人が熱狂するんですよね。

 

その奥に何があるのか見極めたいものですね。

 

 

ちなみにルシファー (Lucifer) は、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名で、キリスト教、特に西方教会カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名である。ヘブライ語のサーターン(敵)と合体しましたね(笑)

 

ただ怖がるのではなく元々何だったの?

っという好奇心が大切な気もします。

 

いや、ホントすごいのは人の想像力です。

ルシフェルでこんなにも話がでてくるでてくる(笑)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/lucifer.html

 

 

 

国家成立の神話は統治者側の信仰が周辺諸民族の神を統合していく歴史ですよね。

 

日本においても伊勢系の神々が大和へ上陸してそれ以前に大和にいた神々や出雲系の神々を統べまたは追放していったようですし。

だいたい元の神は封じられて敵(悪魔)にされるんですよね。

 

ので、良いと悪い。どこから見るかでその意味合いも変わる。それも人が決めるコト。

 

統治側は脅していうコトを聞かすという、人の歴史というのは古代から飴と鞭なんですよ。

 

 

単純です(笑)

忙しい現代人のための老化予防

健康

アンチエイジングともいう

 

流行りましたよね。

 

あれって結局の所

排毒力だと思うんですよね。

 

 

 

排毒といえば肝臓もですが、腎臓ですね。

腎臓は排毒の要

 

腎臓が弱って排毒出来なくなるのが加齢臭の原因だとも思います。

 

 

けど、山登って何度か汗かいてたら加齢臭はなくなります。

浄化ですね

浄化

 

40すぎると腎臓がどうしても弱るんですよ。
もちろん例外もありますが

 

 

ヨガの達人がいつまでも若若しいっていうじゃないですか?あれは排毒力がすごいからですよ。

 

 

けど、忙しい現代人はそれがなかなか出来ないですね。しかも続けないといけない。

 

そこは

 

漢方で補うのが一番効果的かと思いますね。

その辺りは東洋医学バンザイ。

 

骨折、大怪我、ウィルスは西洋医学バンザイです。

 

 

神戸周辺の方でしたら、大王薬局 オススメですね。

漢方の効き具合は人によるらしいので、お金のかかり方も違います。

 

安めにすんだら良いですね(笑)

 

 

 

後、日の光ですね。

 

昔のおばあちゃんと今おばあちゃん違うでしょ?

昔のおばあちゃんってもっとしわくちゃだった印象ありませんか?

 

あれは日に当たりすぎてるからというのは強い。日はね、やっぱり当たりすぎると消耗します。強いですね。後、体使い方が今と全く違います。

 

後、日に当たりすぎると疲れて塩とるでしょ?それを助長するんですね。塩は水分を奪いますからね。

 

 色々選べて

良い時代ですね。感謝ですね♪